滝野川の街角



東京都北区は昭和22年3月15日に王子区と滝野川区が統合して成立しました。
北区が成立するまで、滝野川は現在の田端・東田端・田端新町・昭和町・上中里・中里・西ヶ原・栄町・滝野川に及ぶ地域の区の名前であった。
滝野川区役所は現在滝野川会館が建っている場所西ヶ原1-23-3)にあった。
滝野川消防署・滝野川警察署などが旧滝野川区役所があった場所に近い西ヶ原にあるのもこのような経緯があったことによる

●滝野川区のあゆみ

明治22年市制町村制度となり、それまでの町村は下記のように滝野川村へ統合された。
滝野川村 上中里村・中里村・田端村・西ヶ原村・滝野川村
大正2年滝野川村が滝野川町に昇格した。
大正12年郡制が廃止され、滝野川町の独自性が強まった。
昭和7年10月1日滝野川町は単独で滝野川区となった。

昭和22年3月15日王子区と滝野川区が統合して北区が成立


●現在の滝野川
現在の滝野川は、JR京浜東北線王子駅・JR埼京線板橋駅・都営三田線西巣鴨駅を利用することができ、飛鳥山公園・中央公園にも近く、交通の便が良く暮らしやすい場所である。




北区のあゆみ

昭和22年3月15日に王子区と滝野川区が合併し、北区が誕生するまでのあゆみを、豊富な資料にもとづき紹介いたします。

北区の産業と文化

江戸時代庶民の行楽地だった北区、明治政府の殖産興業にもとづき富国強兵の一翼を担った北区、終戦後軍事関連の施設が閉鎖され、住宅団地・公共施設・学校・公園などが建設された北区。
北区の歴史を産業と文化を中心に紹介いたします。



北区役所ホームページ

北区の街角

お花見に行きたくなる街 北区